Windows10のサポートが2025年10月14日に終了します。

Windows 10 は2025年10月14日に、Microsoft によるサポートが終了します。Windows 10 Home および Proエディションは、以前のバージョンはすでにサポートが終了しています。Version 22H2 は最終バージョンとなっており、そのサポート終了日が2025年10月14日になります。

バージョン 終了日
Version22H2   20251014
Version21H2 2023613
Version21H1 20221213
Version20H2 2022510

サポートが終了するとどうなるの?

Windows 10 Version 22H2 は、20251014日を過ぎるとサポートが終了し、その後は無償でのサポートが受けられなくなります。更新プログラムが配布されることがなく、未知のセキュリティホールへの対処がなされなくなるため、サポート終了後に Windows 10 を使い続けるとサイバー攻撃を受けるリスクが高まります。したがってサポート終了までに新規パソコンへの買い替えなどWindows 11 への移行を済ませておくことが重要です。Windows 11202110月から提供されており、無償でアップグレードができます。

 

  Windows 11への移行方法

Windows 11への移行方法は大きく分けてWindows 11搭載パソコンを購入するか、OSを購入して再インストールする方法があります。

1・初心者の方には最新のWindows 11搭載パソコンの購入がおすすめです。Windows 8.1搭載パソコンと比較して、CPU性能が大幅に向上したほか、ストレージはSSD搭載が主流に、そしてメモリ容量も大きくなり、あらゆる作業が快適にご利用いただけます。

2・Windows 11のパッケージ版を購入して、現在お使いのWindows8.1搭載パソコンをWindows 11へアップグレードする方法です。Windows 11のパッケージ版の場合、インストールメディア(USBメモリ)を利用して、アップグレードすることができます。


Windows11
を快適にご使用いただくための推奨スペックとしては下記の通りです。

  • プロセッサー:Intel Core i5、またはより高性能な CPU
  • メモリ:16GB以上
  • ストレージ:512GB以上 SSD推奨

 

Windows 11 をインストールする前に、業務で利用する重要なファイルやデータは他のデバイスや媒体へのバックアップが必要です。バックアップは万が一インストールやデータ移行が失敗した場合の備えとなります。

  

Windows 11Web会議や動画鑑賞を快適にするためには、マイクロソフトが公開している最小システム要件よりも大きい容量のメモリの容量が必要になります。